ファインピクセルピッチLEDディスプレイ:4KHDビデオウォール2021

ファインピクセルピッチLEDディスプレイ
ファインピクセルピッチLEDディスプレイ、インタラクティブLEDディスプレイ

 

ファインピクセルピッチLEDディスプレイ:4KHDビデオウォール2021

市場で入手可能なさまざまなLEDディスプレイのリストでは、私たちのビジネスにとってより効果的で有益なものについて混乱する可能性があります。ただし、さまざまなタイプのLEDディスプレイとそのさまざまな用途を理解すると、プロモーションの増減に大きな影響を与える可能性があります。その上、世界は単一の広告オプションがあなたのビジネス/製品に十分な顧客を引き付けるのに十分ではないという進歩を遂げています。したがって、オンライン広告、印刷メディア広告、看板広告のいずれであっても、誰もが複数のオプションを選択します。

それぞれの広告方法には、ビジネスプロモーションのかなりの部分を追加する効果と結果があります。同様に、LEDディスプレイのオプションについて話すと、それぞれに企業のプロモーションのパフォーマンスと結果があります。

したがって、ビジネス広告のニーズを効果的に満たす最良のオプションの1つを選択することを理解することが重要です。ファインピクセルピッチのLEDディスプレイは、市場で入手可能な最も選択された効果的なディスプレイの1つです。ただし、ピクセルピッチLEDの表示オプションがよくわからない場合は、先に進んでそれらを見つけてみましょう。

ファインピクセルピッチLEDディスプレイとは何ですか?

ファインピクセルピッチのLEDディスプレイは、一般的なLEDスクリーンとそれほど変わりません。ファインピクセルピッチLEDディスプレイの全体的な考え方は、追加の高度な設定が付属しているということです。これには、LEDディスプレイシステム、高解像度ディスプレイ制御システム、冷却システム、およびピクセル制御点テクノロジーの組み合わせが含まれます。これらすべては、主にその性能のために、そのような小さなピクセルピッチのLEDディスプレイをLEDスクリーンからより高度で更新するのに役立ちます。

さらに、これらの画面では、必要なコンテンツの見通しに応じて、ピクセルピッチの明るさ、色、および均一性を設定できます。つまり、ピクセルピッチのLEDディスプレイに投資すると、ピクセルをより細かく制御できるようになります。

ファインピクセルピッチLEDディスプレイ市場

これはLEDスクリーンのより高度で制御可能なオプションであるため、その効率と需要が一般的なLEDスクリーンよりも大きい可能性があることは間違いありません。

ただし、計算された詳細について話すと、その後、ファインピクセルピッチLEDディスプレイの世界市場は時間とともに頻繁に成長しています。今後5年間で19.4%のCAGRで成長することがさらに期待されています。したがって、この市場の需要は2024年に3190百万米ドルに達する可能性があります。一方、過去のこれらのスクリーンの市場価値によると、2019年には11億米ドルでした。

全体として、ファインピクセルピッチLEDディスプレイ画面のメーカー、地域、種類、および用途に応じて、これらの画面の市場価値は将来大幅に上昇するでしょう。これにより、これらの画面が将来どの程度要求され、効果的に機能するかを理解しやすくなります。

480P 720P、1080P、4Kの違いは何ですか?

ピクセルピッチLEDスクリーンがどれほど価値があり、要求され、高度であるかという基本的な詳細以外に、その表示品質についても学ぶ時が来ましたね。さらに、これらの画面の需要と有効性は、市場で入手可能な画像表示品質に最も依存します。

より明確なアイデアとして、これらの画面が480P、720P、1080Pの品質を表示し、さらに4KLEDディスプレイとして表示する場合もあります。さらに、これらの表示品質オプションはすべて、パフォーマンスが異なります。この意味は:
480Pコンテンツの品質は、グラフィカル情報を表現するための307200ピクセルで構成されています。
720Pは合計921600ピクセルで構成されており、HDディスプレイ画面の最小要件としても機能します。
画面の1080P品質は、フルHD画面と呼ばれる2073600ピクセルで構成されます。
・一方、4K LEDディスプレイ画面はウルトラHDコンテンツを表現することが知られており、最先端の画面タイプとなっています。

全体として、これらの表示品質のそれぞれに伴うピクセルの進歩と改善を検討することができます。これにより、それぞれが互いに異なります(多かれ少なかれ高度になります)。

ファインピッチLEDの技術:COB VS SMD

ファインピッチLEDディスプレイ画面で使用されている技術に移ると、2つの一般的なタイプは信頼性が高く、市場で効果的です。これには主に、ピクセルピッチ4KLEDディスプレイのCOBテクノロジーとSMDテクノロジーが含まれます。これらのテクノロジーの違いは、ピクセルピッチディスプレイで表現される作業方法と結果です。

まず、COBテクノロジーについて言えば、このより高度な2段階の製造プロセスにより、画面にブラケットやサポートがないことが保証されます。したがって、このテクノロジーは、ピクセルピッチスクリーンのはんだ付けポイントの数を減らします。その結果、これらのはんだ付けポイントが少なくなるため、画面上の障害サイトが少なくなります。さらに、この技術は、電球を離しておくことにより、より多くのピクセルのためのより多くのスペースを作りながら、小さくて信頼性の高いピクセルピッチの開発を促進します。これはまた、この技術によってシェイパー、より良いコントラスト比、そしてより深い色の効果を促進する結果になります。

SMGテクノロジーは、ピクセルピッチディスプレイの4段階の製造プロセスです。それ以外に、4K LEDディスプレイのSMD技術は、製造に大きなスペースをとるSMD電球で構成されています。

全体として、小さなピクセルピッチのLEDディスプレイのCOBテクノロジーは、SMDテクノロジーと比較して10倍信頼性の高いオプションであると考えることができます。さらに、COBテクノロジーは静電気防止および防塵オプションでもありますが、SMDテクノロジーはより単純なオプションとして提供される場合があります。

HDLEDビデオウォールの選び方

表示品質の違いとテクノロジーの違いを理解したら、適切なHDLEDビデオウォールを選択するときが来ました。
これらの要因を理解し、正しい決定を下すのに役立つように、決定を下す前に考慮すべき最も重要な事項のいくつかを以下で説明しました。

理想的なロケーション

まず、HDLEDビデオウォールを設置するのに理想的な場所を理解することが重要です。これは、適切な仕様で適切な画面を選択するのに役立つため、非常に重要です。それをあなたとあなたのビジネスにもっと長く役立つようにします。

これをよりよく理解するために、次のような質問をすることができます。
この4KLEDディスプレイは、屋内環境または屋外環境にさらされますか?
この表示画面のおおよその表示距離はどれくらいですか?これは主に、ビデオウォールとビューアの間の距離を指します(ディスプレイ画面を設置する予定の場所によって異なります)。これは、ビデオウォールディスプレイで探す必要のあるピクセルピッチをより適切に評価するのに役立ちます。
スクリーンを取り付ける高さはどれくらいですか?好みの高さに応じて適切なサイズを取り付ける必要があるため、これは重要です。したがって、i = heightが大きい場合は、より大きな画面が優先されます。

その目的

もちろん、購入の目的を理解することは非常に重要です。それは、この方法でのみ、購入する価値があるかどうか、そしてそれがあなたの目的に役立つかどうかをよりよく理解できるからです。

同様に、HD LEDビデオウォールについて話す場合、そのニーズと投資の目的を理解することが重要です。より良い評価のために、この画面が次のような明白な目的を果たすことを望むかもしれません:
適切なオーディエンスにメッセージを効果的に宣伝する
ブランドとして、トーリーとして共有したり、新製品を発表したり、単に彼らと交流したりすることで、ターゲットオーディエンスとコミュニケーションを取ります。
視聴者に商品の購入を促すことで売り上げを伸ばします。

再生したいコンテンツ

小さなピクセルピッチのLEDディスプレイなどの高度な表示オプションを選択する場合、コンテンツ形式を選択する可能性は無限大です。画像やビデオからの選択から、ライブ映像やライブスチームや娯楽コンテンツの描写まで、ビジネスやプロモーションの需要には何でもすべてが必要になる場合があります。さらに、HDコンテンツと4K品質のどちらかを選択することも非常に重要です。

これで、ビジネスセールスの効果と結果に応じて必要なコンテンツ設定を理解すれば、より適切な表示画面を選択できるようになります。したがって、これらのオプションについて考え、何が最も必要かを自問することが重要です。

インストール環境

もう1つの重要な要素は、画面をインストールする環境のタイプを理解することです。屋外のHDLEDビデオウォールスクリーンを好む場合は、その製造が悪天候下で一貫したグラフィック品質を提供するのに十分なほどしっかりしていることを確認する必要があります。これを行うには、IP54またはIP65定格のディスプレイを選択して、屋外での設置を検討できます。

一方、屋内のLEDスクリーンを購入している場合でも、重要な屋内要件に従って製造する必要があります。これは主に、特に屋内LEDソリューションの優れた解像度の存在を意味します。

いずれにせよ、HD LEDビデオウォールで適切な機能と仕様を選択し、将来のすべての環境条件でしっかりと立つようにすることが重要です。

テストと認証

保証、テスト、または保証なしで製品に盲目的に投資すると、最も望ましくない製品に投資する可能性があります。ただし、製品を盲目的に信頼するようなことはありません。特に今日の時代に。したがって、HD LEDビデオウォールソリューションを購入する場合でも、認定およびテスト済みのモデルを取得しているかどうかを確認することが重要です。

これは主に、トゥルーカラー技術を使用してこれらのスクリーンを製造しているためです。 Neoは、最も効果的で適切に製造されていることを確認します。位置合わせされたディスプレイでは、適切にテストされたものを選択することが重要です。さらに、LEDスクリーンは発光レベルで構成されているため、セルリングの前にそれらを認証することも重要です。

よくある質問:

4Kは一般的な画質よりどのように優れていますか?
4K画質は、最先端の超HDグラフィック表示品質の1つであるため、画面上に高度な画像を表示します。言い換えれば、4Kコンテンツはリアルタイムビューのように見えます。生き生きとしたコンテンツを表示します。

4K LEDスクリーンが最も一般的に使用されているのはどこですか?
4K LEDソリューションは最も高度なグラフィックスLEDディスプレイオプションの1つであるため、それらは高度でフォーマルな領域、つまり、組み込み室、制御室、放送室、さらにはビデオ会議ホールでさえ見られる可能性が最も高いです。

結論:

これで、細かいピクセルピッチのLEDディスプレイ画面に関するすべてについて説明しました。それでは、今の待ち時間は何ですか?先に進んで、適切なピクセルピッチのディスプレイを入手して、ビジネス上の取引をより適切に宣伝してください。