LEDディスプレイの品質

フルカラーLEDディスプレイ
LEDモジュール
の品質を区別する方法 LEDスクリーン?

フルカラーLEDディスプレイの品質について、以下の点を学びましょう。

平坦度

LEDディスプレイの表面の平坦度は、ディスプレイ画像が歪まないように±1mm以内である必要があります。また、局所的な膨らみやくぼみにより、ディスプレイの視野角がブラインド角になる可能性があります。製造工程が主に平坦度を決定しました。

明るさと視野角

ディスプレイが正常に動作するように、屋内のフルカラー画面の明るさは800cd / m2以上、屋外のフルカラー画面の明るさは5500cd / m2以上にする必要があります。そうしないと、明るさが弱くなり、表示された画像が見づらくなります。 LEDダイの品質が主に明るさの大きさを決定しました。視野角の大きさは表示画面の視聴者を直接決定するので、視野角が大きいほど良いです。ダイの包装方法が主に視野角を決定しました。

ホワイトバランス効果

ホワイトバランス効果は、LEDディスプレイの最も重要な指標の1つです。色彩科学では、赤、緑、青の3原色の比率が1:4.6:0.16の場合、純白が表示されます。実際の比率がわずかにずれていると、ホワイトバランスのずれが生じます。一般的に、白色が青みがかった色か黄色がかった色かどうかに注意する必要があります。緑の現象。 LEDディスプレイの制御システムは、主にホワイトバランスの品質を決定しました。ダイは色の還元性にも影響します。

色の還元性

色の減少とは、LEDディスプレイ画面の色の減少を指します。また、LEDディスプレイの表示画面の色は、画像のリアリズムを確保するために、再生ソースの色と高度に一致している必要があります。

モザイク現象やデッドポイント現象はありますか?

モザイクとは、LEDディスプレイ画面に表示される明るいまたは暗い4つの正方形を指します。 LEDディスプレイに使用されているコネクタの品質だけでなく、コネクタの品質でもあります。

デッドポイントとは、LEDディスプレイに表示される明暗の単一のポイントを指します。ダイの品質が主にデッドスポットの数を決定しました。

カラーブロックはありません

カラーパッチは、隣接するモジュール間の明らかな色の違いを示します。カラーパッチ現象は、主に制御システムの不備、グレーレベルの低さ、スキャン頻度の低さが原因です。

ブラインドスポットレート制御

死角率は通常、明るいスポット、死んだスポット、暗いスポットです。屋外スクリーンの死角率は3/10000未満で、屋内スクリーンの死角率は2/10000に制御する必要があります。